相続手続きでトラブルが起こったら弁護士に相談しよう

相続に強い専門家を

弁護士

相続はトラブルが起きやすい場面です。遺言書の内容や、遺産分割の進め方など様々な点でトラブルが起きることがあります。トラブルが起きたら弁護士に相談し、解決をサポートしてもらうのがおすすめです。弁護士を選ぶときは、相続専門の弁護士を選ぶとよいでしょう。弁護士の仕事は多岐にわたります。交通事故、離婚、破産、債権回収と幅広い分野の仕事があり、どれを得意分野としているかは人や事務所により異なります。相続専門と書いてあれば、ある程度強みがあることが推測されます。本当に相続を得意としているかは、ホームページがあればホームページなどで確認しましょう。確認すべきは過去の実績、働いた年数、得意分野などです。具体的には、一年に20件以上相続関係の案件を扱っているかや、10年以上相続に携わっているか、民法だけでなく相続税法にも強いか、相続専門の税理士や不動産鑑定士などと連携しているかなどです。ホームページの見栄えや、上位に検索されるかどうかだけでなく、内容まで精査しなければなりません。相続専門の弁護士としては、依頼人の気持ちを汲んでくれるかどうかも重要なポイントです。相続で親族ともめるのは精神的に大きな負担になります。そのような気持ちを汲んで、親身になってくれる弁護士かどうかも重要です。こうした点をチェックするには、無料相談などで実際に話してみるのがおすすめです。相談するときは必ず予約をしましょう。優秀な弁護士ほど飛び込み客を嫌う傾向にあります。