相続手続きでトラブルが起こったら弁護士に相談しよう

家族が亡くなったとき

男女

遺産のこと

人が亡くなってしまったとき、様々な手続きを取らなければなりませんが、その中の一つに、遺産相続があります。これにおいては、ある程度短期間で、多くの手続き等を行う必要が生じてきます。大切な人を失い精神的に弱っている中では、さらに負担のかかることであるとも言えるでしょう。まず初めに、遺言書の有無を確認し、それをもとに、法定相続人を確定させます。そして、財産の調査を行い相続財産目録を作成し、4か月以内に準確定申告をして、遺産分割協議を行います。通常では、被相続人の配偶者に5割、あとの5割を子どもで均等に分割することになります。ことに、この遺産分割においてはトラブルが発生しがちなので、弁護士や司法書士といった専門家にお願いすると、比較的スムーズに事が運ぶでしょう。そして遺産の分配が済めば、各種名義変更をする必要があります。なお、家などの不動産を相続した場合、不動産の所有権移転登記の手続きなどを行うことになりますが、こういった分野における知識が全く無い場合、非常にややこしいので、こちらも専門家に依頼した方が良いでしょう。そしてその後、相続税の申告・納付を行います。こちらは、相続の開始を知った日の翌日から10か月以内に行う必要があります。また、財産の調査の結果、状況によっては、相続放棄の手続きを取ることもあります。例えば、「私は財産など受け取らない」という人や、被相続人に債務が多い場合などは、3か月以内に家庭裁判所に相続放棄申述書を提出して、問題が無ければ受理してもらえます。

相続に強い専門家を

相続でもめた場合は、相続専門の弁護士に依頼するのがおすすめです。弁護士は人によって得意分野が異なっています。ホームページがあればそこで過去の実績や得意分野などをチェックして選ぶようにしましょう。

法律専門家への依頼が増加

岡山で弁護士に依頼する人が増えているのは、近隣トラブルなどの法的紛争が身近になったり、人々の権利意識が高まったりしているからです。また、テレビ番組を通じて弁護士へ親しみやすいイメージを抱く人が増えていることも、理由です。紛争解決での弁護士費用の補償をする、保険商品の登場も影響していると言えます。

弁護士事務所を有効活用

熊本で過払い金請求を行う場合は弁護士事務所を通すと手続きと準備が円滑に進んでいきます。弁護士を通せば債務整理を有利に進めていくことができるのです。積極的に熊本の弁護士事務所を活用し、払いすぎた利息を取り戻しましょう。